1. ホーム
  2. 研究室情報
  3. 研究成果
  4. 学会発表等 / Presentations

研究成果

学会発表等 / Presentations

2019   

招待

                 
Date Kind Speaker Conference Title
10.02招待講演 嶋田圭祐 第14回研究所ネットワーク国際シンポジウム@大阪府吹田市 Molecular mechanism of mitochondrial sheath formation revealed through gene-edited mice​
9.08招待講演 伊川正人 第18回生殖バイオロジー東京シンポジウム@東京都千代田区 ゲノム編集と生殖医学研究​
6.06招待講演 遠藤墾 2019遺伝研研究会@静岡県三島市 精子形成の連続性​
5.22招待講演 伊川正人 Gordon Research Conference@Hong Kong, China CRISPR/Cas9 Mediated Genome Editing and Its Application for the Study of Fertilization​
4.28招待講演 伊川正人 第30回日本医学会総会 2019@愛知県名古屋市 ゲノム編集による遺伝子改変マウス作製と​生殖医学研究への応用​
4.8招待講演 伊川正人 The 15th Transgenic Technology Meeting@兵庫県神戸市 CRISPR/Cas9 Mediated Genome Editing in Mice
3.22招待講演 伊川正人 AMED原拠点個別リトリート会議 2019@滋賀県長浜市 マウスを用いた雌雄生殖細胞老化機構
1.19招待講演 伊川正人 Fifth International Oocyte Meeting@Villefranche-sur-mer, France New Insights into the Molecular Events of Mammalian Fertilization

応募

                             
Date Kind Speaker Conference Title
9/11口頭発表 嶋田圭祐 第162回日本獣医学会学術集会@茨城県つくば市 SMDR1は精子形成期においてミトコンドリア間を繋ぎ止めて精子中片部にミトコンドリア鞘を形成するのに必須のタンパク質である
9/3口頭発表 野田大地 日本繁殖生物学会大会@北海道札幌市 国際宇宙ステーションで飼育された雄マウスの精子受精能力の検討
7.31-8.1ポスター発表 諸星茜 GRC2019: Fertilization and Activation of Development@New Hampshire, USA Identification of a new Golgi-associated protein required for acrosome formation
7.20ポスター発表 Castaneda Julio SSR 52nd Annual Meeting@California, USA Spar1 is a novel transmembrane gene required for acrosome formation in mouse
7.19ポスター発表 嶋田圭祐 SSR 52nd Annual Meeting@California, USA Glycerol kinase 2 is important for proper arrangement of crescent-like mitochondria to form the mitochondrial sheath
7.19ポスター発表 野田大地 SSR 52nd Annual Meeting@California, USA Male mice housed in the International Space Station sire healthy offspring
7.19ポスター発表 宮田治彦 SSR 52nd Annual Meeting@California, USA DRC7 is required for sperm flagellum formation and male fertility in mice
6.21口頭発表 Park Soojin 日本アンドロロジー学会第38回学術大会@大阪府大阪市 Deficiency of sperm hyaluronidase affects the male infertility in SPAM1/HYAL5 double mutants
6.21口頭発表 宮田治彦 日本アンドロロジー学会第38回学術大会@大阪府大阪市 マウスRSPH6Aは精子鞭毛の形成と生殖能力に必須である
5.22ポスター発表 大浦聖矢 Gordon Research Conference@Hong Kong, China CRISPR/Cas9 mediated genome editing in mouse zygote and analysis of fertility-related genes
5.16ポスター発表 野田大地 第66回日本実験動物学会総会@福岡県福岡市 精巣上体で強く発現する9遺伝子は、オスの妊孕性に必須ではない
5.15ポスター発表 小林清訓 第66回日本実験動物学会総会@福岡県福岡市 精巣・精巣上体特異的に発現するシスタチンファミリー遺伝子群欠損マウスの機能解析
2.12ポスター発表 松村貴史 大阪大学大学院医学系研究科 第12回 若手研究フォーラム@大阪府吹田市 ヒト雄性不妊に関わるY染色体遺伝子の機能解析
1.31ポスター発表 大浦聖矢 平成30年度 先端モデル動物支援プラットフォーム 成果発表会@滋賀県大津市 CRISPR/Cas9を用いた遺伝子改変マウスの作製

2018   

招待

                 
Date Kind Speaker Conference Title
12.4招待講演 伊川正人 生殖細胞のエピゲノムダイナミクスとその制御 成果取りまとめシンポジウム@京都府京都市 ゲノム編集マウスを用いた受精研究の新展開
9.26招待講演 宮田治彦 第91回日本生化学会大会@京都府京都市 CRISPR/Cas9システムを駆使した精子機能の解析
9.21招待講演 伊川正人 7th International Conference on the Epididymis@Montreal, Canada CRISPR/Cas9 Mediated Genome Editing in Mice and Its Application for the Study of Reproduction
8.27招待講演 伊川正人 Yanagimachi 90th Birthday Symposium@Hawaii, USA CRISPR/Cas9 Mediated Genome Editing in Mice and Its Application for the Study of Reproduction
6.1招待講演 遠藤墾 第16回幹細胞シンポジウム「幹細胞若手の会」@福岡県福岡市 Retinoic acid signal for continuous sperm production: Exit from the stem cell
4.28招待講演 伊川正人 科学技術振興機構 国際科学技術共同研究推進事業 戦略的国際共同研究プログラム:日本―中国共同研究@岐阜県岐阜市 ゲノム編集を利用した精巣特異的遺伝子の網羅的機能解析
2.8招待講演 伊川正人 第9回武田科学振興財団薬科学シンポジウム@大阪府吹田市 CRISPR/Cas9 mediated genome editing in mice and its application for the study of reproduction
2.6招待講演 伊川正人 Bridging Biomedical Worlds 2018@Singapore CRISPR/Cas9 mediated genome editing in mice and its application for the study of reproduction

応募

                                             
Date Kind Speaker Conference Title
11.30ポスター発表 諸星茜 第41回日本分子生物学会年会@神奈川県横浜市 マウスDRC7は精子鞭毛形成および生殖能力に必須である
11.30ポスター発表 松村貴史 第41回日本分子生物学会年会@神奈川県横浜市 ヒト雄性不妊に関わるY染色体遺伝子の機能解析
11.25口頭発表 嶋田圭祐 第33回日本生殖免疫学会@東京都文京区 SMDR1は精子ミトコンドリアの鞭毛への巻き付きに必須である
10.10口頭発表 Julio Castaneda 2018 Germ Cells Meeting@New York, USA Spar1 is a novel transmembrane gene required for acrosome formation in mouse
9.21口頭発表 野田大地 微研・蛋白研合同若手セミナー@大阪府吹田市 ゲノム編集と生殖生物学研究への応用
9.12口頭発表 嶋田圭祐 第161回日本獣医学会学術集会@茨城県つくば市 SMDR1は精子形成期における精子ミトコンドリアの鞭毛への巻き付きに関わることでミトコンドリア鞘の形成に必須となるタンパク質である
9.7口頭発表 大浦聖矢 若手支援技術講習会2018@長野県茅野市 新規EGFP/DsRed2標識ES細胞を用いたゲノム編集とキメラマウスにおける表現型解析
7.27口頭発表 佐藤裕公 第36回日本受精着床学会総会・学術講演会@千葉県千葉市 哺乳類卵子はPLCz1非依存的で生理的な経路によっても活性化されうる
7.13ポスター発表 藤原祥高 51st Annual Meeting of the Society for the Study of Reproduction@Louisiana, USA Human globozoospermia-related gene Spata16 is required for sperm formation revealed by CRISPR/Cas9- mediated mouse models
7.11ポスター発表 宮田治彦 51st Annual Meeting of the Society for the Study of Reproduction@Louisiana, USA RSPH6A is essential for sperm flagellum formation and male fertility in mice
7.11口頭発表 Julio Castaneda 51st Annual Meeting of the Society for the Study of Reproduction@Louisiana, USA SPAR1 is a Novel Transmembrane Protein Required for Acrosome Formation in Mice
6.20ポスター発表 大浦聖矢 第3回日本ゲノム編集学会@広島県広島市 CRISPR/Cas9システムを用いた遺伝子改変マウス作製の現状
6.6ポスター発表 諸星茜 第70回細胞生物学会・第51回発生生物学会合同大会@東京都江戸川区 DRC7 is a conserved component of dynein regulatory complex and required for sperm flagellum formation and male fertility in mice
5.26口頭発表 佐藤裕公 第59回日本卵子学会学術集会@埼玉県さいたま市 マウスの受精におけるPLCz1非依存的な卵子活性化
5.17口頭発表 大浦聖矢 第65回日本実験動物学会総会@富山県富山市 GFP/RFP標識 ES細胞の樹立とそのHydin欠損精子表現型解析への応用
5.16ポスター発表 藤原祥高 第65回日本実験動物学会総会@富山県富山市 遺伝子改変マウスを用いた精巣特異的Cmtm遺伝子群の機能解析
5.16口頭発表 佐藤裕公 第65回日本実験動物学会総会@富山県富山市 マウス精子PLCZ1は単精子受精を担保するための卵子活性化因子である
5.16口頭発表 宮田治彦 第65回日本実験動物学会総会@富山県富山市 マウスRSPH6Aは精子鞭毛の形成と生殖能力に必須である
5.10ポスター発表 佐藤裕公 The XIII International Symposium on Spermatology@Stockholm, Sweden Sperm-borne phospholipase C zeta-1 ensures monospermic fertilization in mice
4.20口頭発表 嶋田圭祐 The 1st International Mitochondria Meeting for Young Scientists@京都府京都市 Smdr1 is required for sperm mitochondrial alignment during spermatogenesis
3.01口頭発表 佐藤裕公 第6回生殖若手の会@静岡県下田市 - closed meeting -
1.25口頭発表 野田大地 先端モデル動物支援プラットフォーム成果発表会@滋賀県大津市 CRISPR/Cas9システムを用いた遺伝子改変マウス作製の現状

2017   

招待

                                                     
Date Kind Speaker Conference Title
12.09招待講演 伊川正人 第40回日本分子生物学会年会@兵庫県神戸市 ゲノム編集マウス作製と受精研究への応⽤
11.25招待講演 伊川正人 日本動物実験代替法学会@東京都大田区 ゲノム編集技術の進歩と課題
11.14招待講演 藤原祥高 第14回熊本大学 生命資源研究・支援センターシンポジウム@熊本県熊本市 遺伝子改変技術を用いた雄性不妊モデルマウスの開発と機能解析
11.13招待講演 伊川正人 第3回生体調節研究所 内分泌代謝シンポジウム@群馬県前橋市 ゲノム編集を利用した精巣特異的遺伝子の網羅的機能解析
10.21招待講演 佐藤裕公 第39回 関西生殖発生毒性フォーラム@大阪府大阪市 ゲノム編集を用いた哺乳類生殖因子の包括的解析
9.30招待講演 野田大地 第48回精子研究会@沖縄県宜野湾市 マウス精嚢腺分泌タンパク質PATE4の機能解析
9.28招待講演 遠藤墾 熊本大学発生研セミナー@熊本市 周期的な精子生産を制御するレチノイン酸: 未分化細胞から配偶子へ
9.27招待講演 伊川正人 4th World Congress of Reproductive Biology (WCRB 2017)@沖縄県宜野湾市 CRISPR/Cas9 mediated genome editing and its application for the study of reproduction
9.13招待講演 藤原祥高 奈良先端科学技術大学院大学セミナー@奈良県生駒市 遺伝子改変マウスを用いた雄性生殖細胞特異的な膜タンパク質の機能解析
9.09招待講演 伊川正人 第2回秋期特別日本血管生物医学会シンポジウム@吹田市 ゲノム編集による遺伝子改変マウス作製とその応用
8.19招待講演 伊川正人 生化学若い研究者の会 九州支部 夏のセミナー@福岡市 CRISPR/Cas9システムによるゲノム編集マウスの作製と受精研究への応用
7.19招待講演 伊川正人 Fertilization & Activation of Development(Gordon Research Conference)@New Hampshire, USA Fertilization and Oocyte Activation: New Insights Using Genome Editing
7.13-7.16招待講演 宮田治彦 50th Annual Meeting of the Society for the Study of Reproduction@Washington D.C., USA Sperm motility and its competency for mammalian fertilization
6.1招待講演 伊川正人 第12回関西ライフサイエンスリーディングサイエンティストセミナー@大阪府大阪市 ゲノム編集技術の進歩と課題
5.27招待講演 藤原祥高 第64回日本実験動物学会総会@福島県郡山市 遺伝子改変技術を用いた雄性不妊モデルマウスの開発と機能解析
5.19招待講演 野田大地 国立大学法人動物実験施設協議会総会@香川県高松市 阪大微研におけるCRISPR/Cas9システムを用いた遺伝子改変マウス作製の現状
5.12招待講演 伊川正人 JST戦略的国際共同研究プログラム@Peking, China CRISPR/Cas9 Mediated Genome Editing and its Application for the Study of Reproduction
5.08招待講演 伊川正人 11th International Congress of Andrology @Copenhagen,Denmark CRISPR/Cas9 mediated genome editing and its application for the study of sperm functions
4.15招待講演 伊川正人 第6回 同志社大学先端医工学研究センターシンポジウム@京都府京田辺市 ゲノム編集マウスを用いた生命科学研究の進歩と課題
4.15招待講演 宮田治彦 安全性評価研究会@大阪市 ゲノム編集技術を用いた精子機能の解析
3.30招待講演 宮田治彦 第122回日本解剖学会総会・全国学術集会@長崎県長崎市 ゲノム編集技術を用いた精子機能の解析
3.29招待講演 伊川正人 第122回日本解剖学会総会・全国学術集会@長崎県長崎市 ゲノム編集を利用した精巣特異的遺伝子の網羅的機能解析
3.15招待講演 伊川正人 64th SRI meeting@Orlando, USA Lentiviral vector-mediated placenta-specific gene manipulation in mice
3.09招待講演 伊川正人 第20回日米科学技術会議・FDA@Silver Spring, USA CRISPR/Cas9 Mediated Genome Editing and its Application for the Study of Reproduction
2.10招待講演 伊川正人 がん進展制御研究所セミナー@石川県金沢市 ゲノム編集による遺伝子改変マウス作製とその応用
1.14招待講演 伊川正人 第21回日本生殖内分泌学会学術集会@大阪府豊中市 ゲノム編集による遺伝子改変マウス作製技術の開発とその応用

応募

                                       
Date Kind Speaker Conference Title
12.6ポスター発表 藤原祥高 第40回日本分子生物学会年会@兵庫県神戸市 Human globozoospermia-related gene Spata16 is essential for spermiogenesis in mice
9.27ポスター発表 Ferheen Abbasi 4th World Congress of Reproductive Biology (WCRB 2017)@沖縄県宜野湾市 RSPH6A is essential for sperm flagellum formation and male fertility in mice
9.27ポスター発表 松村貴史 4th World Congress of Reproductive Biology (WCRB 2017)@沖縄県宜野湾市 Functional analysis of the Y chromosome gene
9.27ポスター発表 淨住大慈 4th World Congress of Reproductive Biology (WCRB 2017)@沖縄県宜野湾市 Screening for extracellular matrix factors that may concern in male fertility
9.27ポスター発表 藤原祥高 4th World Congress of Reproductive Biology (WCRB 2017)@沖縄県宜野湾市 Human globozoospermia-related gene Spata16 is essential for spermiogenesis in mice
9.20ポスター発表 佐藤裕公 大阪大学医学系研究科若手研究フォーラム@吹田市 Low-invasive Imaging of Ca2+ Oscillations and Quantitative Analysis of the Cortical Reaction in Mammalian Eggs
7.16-7.21ポスター発表 宮田治彦 Fertilization & Activation of Development(Gordon Research Conference)@New Hampshire, USA CABYR is essential for fibrous sheath integrity and progressive motility in mouse spermatozoa
7.16-7.21ポスター発表 Soojin Park Fertilization & Activation of Development(Gordon Research Conference)@New Hampshire, USA - closed meeting -
7.16-7.21ポスター発表 諸星茜 Fertilization & Activation of Development(Gordon Research Conference)@New Hampshire, USA - closed meeting -
7.16-7.21ポスター発表 嶋田圭祐 Fertilization & Activation of Development(Gordon Research Conference)@New Hampshire, USA Gk2 knockout mice show impaired sperm motility and male infertility
7.13-7.16ポスター発表 Julio Castaneda 50th Annual Meeting of the Society for the Study of Reproduction@Washington D.C., USA TCTE1 is a conserved component of the dynein regulatory complex and is required for motility and metabolism in mouse spermatozoa
7.13-7.16ポスター発表 松村貴史 50th Annual Meeting of the Society for the Study of Reproduction@Maryland, USA Functional Analysis of Spermatogenesis in the Y Chromosome Azoospermia Factor Region in Mice
7.13-7.16ポスター発表 嶋田圭祐 50th Annual Meeting of the Society for the Study of Reproduction@Washington D.C., USA Gk2 knockout mice show impaired sperm motility and male infertility
7.13-7.16ポスター発表 佐藤裕公 50th Annual Meeting of the Society for the Study of Reproduction@Washington D.C., USA Low-invasive Imaging of Ca2+ Oscillations and Quantitative Analysis of the Cortical Reaction in Mammalian Eggs
6.07-6.09ポスター発表 Ferheen Abbasi 3領域合同若手勉強会@和歌山県白浜町 RSPH6A is essential for sperm flagellum formation and male fertility in mice
5.25-27ポスター発表 藤原祥高 第64回日本実験動物学会総会@福島県郡山市 Generation of point mutant mouse model responsible for human globozoospermia by CRISPR/Cas9 system
5.25-27ポスター発表 宮田治彦 第64回日本実験動物学会総会@福島県郡山市 IZUMO1の細胞内領域はマウスの生殖能力に必須ではない
5.25-27ポスター発表 淨住大慈 第64回日本実験動物学会総会@福島県郡山市 Screening for extracellular matrix factors that may concern in mouse male fertility
5.10-11ポスター発表 淨住大慈 発生生物学会@東京都江戸川区 Screening for extracellular matrix factors that may concern in mouse male fertility

2016   

招待

                                                       
Date Kind Speaker Conference Title
12.7招待講演 伊川正人 大阪大学公開講座@大阪市 デザイナーベビー/ゲノム編集の光と影
12.3特別講演 伊川正人 日本農芸化学会関西支部 第497回講演会@兵庫県神戸市 CRISPR/Cas9システムを用いたマウスゲノム編集と生殖生物学研究への応用
11.23教育講演 伊川正人 第11回中部大学ライフサイエンスフォーラム@愛知県春日井市 ゲノム編集技術の進歩と課題
11.17招待講演 伊川正人 新学術領域研究「生殖細胞のエピゲノムダイナミクスとその制御」第4回公開シンポジウム@静岡県三島市 ゲノム編集を用いた受精関連遺伝子の網羅的機能解析
11.12招待講演 伊川正人 BSSR臨床ストレス応答学会@山口県宇部市 CRISPR/Cas9システムを用いたES細胞のゲノム編集とその応用
11.9招待講演 伊川正人 2016 Seoul Symposium on Epigenetics and Chromatin@Seoul, Korea CRISPR/Cas9 mediated genome editing and its application for the study of reproduction
11.4招待講演 伊川正人 第61回日本生殖医学会学術講演会・総会@神奈川県横浜市 遺伝子改変マウスが切り拓く配偶子研究の未来と臨床応用への展望
11.3招待講演 佐藤裕公 第61回日本生殖医学会学術講演会・総会@神奈川県横浜市 マウス卵を用いた卵活性化と受精のライブイメージング
10.27招待講演 伊川正人 The 4th SKLRB Symposium on Reproductive Biology@Beijing, China CRISPR/Cas9 mediated genome editing and its application for the study of reproduction
10.11口頭発表 宮田治彦 The 12th Scientific Conference of Chinese Association for Laboratory Animal Sciences@Nanning,China sperm-specific calcineurin is necessary for midpiece flexibility and male fertility
10.7招待講演 伊川正人 第75回日本癌学会学術総会@神奈川県横浜市 CRISPR/Cas9 mediated genome editing in mice
9.29招待講演 伊川正人 創薬薬理フォーラム 第24回シンポジウム@東京都渋谷区 ゲノム編集を用いた受精関連遺伝子の網羅的機能解析
9.25招待講演 伊川正人 第89回日本生化学会大会@宮城県仙台市 ES細胞を用いたゲノム編集とキメラ解析
9.17招待講演 伊川正人 平成28年度新学術領域研究「学術研究支援基盤形成【先端モデル動物支援プラットフォーム】」若手支援技術講習会@長野県茅野市 実験動物におけるゲノム編集技術について
9.7口頭発表 伊川正人 日本ゲノム編集学会@広島市 CRISPR/Cas9システムを用いた精巣特異的発現遺伝子群の機能解析
9.2招待講演 伊川正人 第15回教育研究推進センター講演会@北海道旭川市 ゲノム編集技術と実験動物への応用
8.6教育講演 伊川正人 第21回日本病態プロテアーゼ学会学術集会@大阪府豊中市 ゲノム編集と生殖生物学研究への応用
6.17招待講演 伊川正人 第68回日本細胞生物学会大会@京都市 CRISPR/Cas9システムを用いたES細胞のゲノム編集とその応用
6.10招待講演 伊川正人 第42回国立大学法人動物実験施設協議会総会@岐阜市 実験動物におけるゲノム編集技術について
6.4招待講演 伊川正人 第47回精子研究会@秋田市 CRISPR/Cas9 mediated genome editing and its application for the study of reproduction
5.27招待講演 伊川正人 第8回シグナルネットワーク研究会@大阪府吹田市 ゲノム編集マウス作製と生殖生物学研究への応用
5.20招待講演 伊川正人 2016 AMMRA meeting@神奈川県足柄下郡 CRISPR/Cas9 mediated genome editing and its application for the study of reproduction
5.18招待講演 伊川正人 第57回日本神経学会学術大会@神戸市 CRISPR/Cas9など最新のゲノム編集技術を用いた遺伝子改変マウスの作製技術
3.11招待講演 伊川正人 第12回生命資源研究・支援センターシンポジウム@熊本市 精子特異的カルシニューリンによる精子運動性の制御メカニズム
3.5特別講演 伊川正人 第48回関西アンドロロジーカンファレンス@大阪市 遺伝子改変技術開発と生殖生物学研究への応用
2.18口頭発表 伊川正人 国際シンポジウム "生殖細胞のエピゲノムダイナミクスとその制御"@京都市 CRISPR/Cas9 mediated genome editing and its application for the study of reproduction
1.29口頭発表 磯谷綾子 第9回ラットリソースリサーチ研究会@京都市 マウス↔ラット異種キメラが導く応用研究の可能性
1.21招待講演 伊川正人 Lecture Series from Osaka University, Japan@Bandung, Indonesia CRISPR/Cas9 mediated genome editing in mice

応募

 
Date Kind Speaker Conference Title
10.19口頭発表 淨住大慈 日本発生生物学会秋季シンポジウム2016@静岡県三島市 Extracellular matrix ECM3 and QBRICK regulate primary mesenchymal cell migration in the sea urchin embryo
10.5ポスター発表 Julio Manuel Castaneda Germ Cells 2016@New York, USA Genome engineering uncovers 54 evolutionarily-conserved and testis-enriched genes that are not required for male fertility in mice
9.16ポスター 嶋田圭祐 平成28年度新学術領域研究「学術研究支援基盤形成【先端モデル動物支援プラットフォーム】」若手支援技術講習会@長野県茅野市 CRISPR/Cas9システムによるES細胞のゲノム編集とキメラマウス解析
7.18口頭発表 佐藤裕公 SSR 2016 Annual Meeting@San Diego, USA Sperm postacrosomal WW domain-binding protein is not required for the activation of mouse egg
7.17ポスター 宮田治彦 SSR 2016 Annual Meeting@San Diego, USA Sperm-specific calcineurin is necessary for midpiece flexibility and male fertility
5.18口頭発表 宮田治彦 第63回日本実験動物学会総会@神奈川県川崎市 精子カルシニューリンは尾部中片部の屈曲能とオスの生殖能に必須である
2.28ポスター 宮田治彦 Biophysical Society 60th Annual Meeting@Los Angeles, USA Sperm Calcineurin is Necessary for Midpiece Flexibility and Male Fertility
2.18ポスター 松村貴史 国際シンポジウム "生殖細胞のエピゲノムダイナミクスとその制御"@京都市 Functional analysis of Y chromosome gene Dby in spermatogenesis
2.18ポスター 野澤香織 国際シンポジウム "生殖細胞のエピゲノムダイナミクスとその制御"@京都市 Sperm Postacrosomal WW Domain-Binding Protein is not essential for mouse egg activation
2.18ポスター 武藤真長 国際シンポジウム "生殖細胞のエピゲノムダイナミクスとその制御"@京都市 Functional analysis of Plac1 in placental formation using knockout mice and lentiviral vector-mediated complementation
2.18ポスター 磯谷綾子 国際シンポジウム "生殖細胞のエピゲノムダイナミクスとその制御"@京都市 Generation of knockout rat through mouse↔rat chimera
2.17ポスター 飛田知央 国際シンポジウム "生殖細胞のエピゲノムダイナミクスとその制御"@京都市 Screening for genes involved in pre-eclampsia
2.17ポスター 大字亜沙美 国際シンポジウム "生殖細胞のエピゲノムダイナミクスとその制御"@京都市 CRISPR/Cas9 mediated genome editing in mouse ES cells and chimeric analysis using founder generation mice
2.17ポスター 宮田治彦 国際シンポジウム "生殖細胞のエピゲノムダイナミクスとその制御"@京都市 Sperm-specific calcineurin is necessary for midpiece flexibility and male fertility
2.17ポスター 藤原祥高 国際シンポジウム "生殖細胞のエピゲノムダイナミクスとその制御"@京都市 GPI-anchored protein complex, LY6K and TEX101, is required for sperm fertilizing ability in mice


2016年以前の学会発表はこちら
Click here for presentations before 2016

Page Top