1. ホーム
  2. 研究室情報
  3. アルバム

研究室情報

アルバム

2019微研ソフトボール大会
参加したみんなで記念写真。お疲れさまでした! 2019年4月13日

2019softball.JPG

2019年度のラボメンバー。
2階からの撮影は、日差しが強すぎて作戦変更。 2019年4月11日

offshot2019.JPG

高校生のためのSummer School 2018@微研 2018年8月10日

伊川教授と当ラボの大学院生(飛田さん・諸星さん・大浦さん・タマラさん)が参加されました。 summerschool1.jpeg summerschool2.jpeg

summerschool3.jpeg summerschool4.jpeg

summerschool5.jpeg summerschool6.jpeg

Renata Prunskaite-Hyyryläinenさん、野澤香織さん、Diana Monsivaisさん
2018年7月13日

SSR2018にて表彰されました。詳細はこちらから。

traineeaward-SSR2018.JPG

2018年度のラボメンバーで集合写真を撮りました(オフショット)。
いつもの階段で集合です。2018年4月3日

2018offshot.JPG

平成29年度大阪大学卒業式・大学院学位記授与式が行われました 2018年3月23日

Ferheenさんが医学研究科修士課程を修了、Tamaraさん・小林(清)さんが薬学部を卒業されました。
おめでとうございます!
tamaraferheen.jpg

Dirk de Rooij先生、田中宏光先生、西宗義武先生が来訪されました 2017年11月17日

derooij-group1.JPG

岡部勝名誉教授がDistinguished Andrologist Award、伊川正人栄誉教授がSSR Research Awardを受賞しました。おめでとうございます!

DAA-SSR.JPG

微研ソフトボール大会 2017年4月15日

2017softball.JPG 2017softball2.JPG

2017softball3.JPG 2017softball4.JPG

2017softball5.JPG 2017softball6.JPG

微研ソフトボール大会 2016年5月14日

集合.JPG

2.JPG 3.JPG

4.JPG 5.JPG

岡部勝名誉教授、伊川正人教授、磯谷綾子准教授が大阪大学総長顕彰を受賞しました。

Party20130802

岡部名誉教授が第60回日本実験動物学会総会で安東・田嶋賞を受賞されました。

Party20130516

2013年度ラボメンバー 2013年4月11日

2013年度のメンバー全員で写真を撮影しました。

Party20121102

岡部教授退職記念講演会 2013年3月15日

多くのOB・OGの皆さんが集まられ、盛大な講演会を開催することができました。
これまで研究室を主宰された岡部先生は生体応答遺伝子解析センターのポスドクとして引き続きピペットマンを握られることになりました。Party20130315

Welcome サマンサ♪ 2013年3月12日

オーストラリアからの留学生Samantha.a.youngさんを迎えました。

 京都清水寺での舞妓体験の写真です。


伊川教授就任祝賀会 2012/11/02

伊川さんの教授就任を祝して、遺伝子機能解析・感染動物実験施設・生体応答・発生工学研究会のみんなで祝賀会を開催しました。

Party20121102

柳町隆造先生再訪 2012年9月29日~10月18日

2年ぶりに柳町先生がラボへ帰って来られました!相変わらずお元気で、活発なディスカッションやセミナーなどで濃密な3週間を過ごさせて頂きました。

2012年度ラボメンバー 2012年8月9日

メンバー全員で集合写真を撮影しました。

Party20121102

微研ソフトボール大会 2012年4月28日

晴天にも恵まれ、岡部研究室初のベスト4入りを果たしました。激戦終了後の集合写真です。

 

柳町隆造先生 2010年7月~9月

2010年7月から9月までの3ヶ月間、ハワイ大学の柳町先生が当研究室に客員教授としていらっしゃいました。

ご滞在中、微研の講堂にて、柳町先生に若い研究者向けにセミナーをして頂きました。その際に20/80ルールということを発表されていました。要約すると、「世の中には多くの論文が存在するが、本当に重要なのはそのなかの20%程度である。言い換えれば、20%の質の良い論文を読めば、その分野の80%をフォローできる」ということだそうです。

ということは、我々が日常的に励んでいるノックアウトマウスの表現型も2割が良いフェノタイプ?ということになります。その計算で行くと、良いフェノタイプに辿り着くには、少なくとも5遺伝子はノックアウトしないと、、、ということになります。頑張ります!!

柳町先生のご滞在中 (柳町先生は土日も来られていました!!) は、生殖研究について熱く!ディスカッションをする機会が多く、毎日刺激に満ちた日々を過ごさせて頂きました。

Page Top